好評!エアコンクリーニングランキングは≫こちらからチェック!

エアコンから黒い塊?クリーニングの必要性を徹底解説!知っておくべき重要なポイント

エアコンの汚れが気になる…。
でもエアコンクリーニングって本当に必要なの?
定期的にしたほうがいいのかな?

エアコンクリーニングは人によってさまざま。
毎年している人もいれば、全くしない人もいます。
汚れは気になるけど、する必要があるのか迷ってしまいますよね。

この記事では「エアコンクリーニングの必要性」について解説します。

エアコンクリーニングの必要性は?

エアコンクリーニングは必ず必要なわけではありません。

  • 内部のカビ
  • ホコリのつまり
  • 臭いなど

内部の確認をして、気になる状態ならエアコンクリーニング業者に頼みましょう。

▸エアコンクリーニング業者、おすすめ7選を見る

目次

エアコンクリーニングは必ず必要なわけじゃない

最初にお伝えしますが、エアコンクリーニングは必ずしも必要なわけではありません。

使用頻度・汚れ具合に関係なく、毎年定期的にされている人も多いと思いますが、そこまでする必要はありません。

エアコンクリーニング業者の人に話を聞くと「1年に1回はした方がいいですよ」と答える人も多いですが、正直営業トークです。

「お掃除機能付きのエアコンはやめた方が良い」とアドバイスする業者もいますが、只々お掃除機能付きは手間が掛かるので、掃除を行う業者側の意見です。

エアコンは「使用する環境、頻度、性能」で汚れ方が全く違います。

例えば、リビングのエアコンであれば使用頻度も多く、キッチンが近ければ油汚れなども付着するので汚れやすい環境と言えます。

寝室のエアコンであれば、使用頻度はそこそこ。油汚れはありませんし、リビングと比べるて汚れの付着も少ないでしょう。

年に数回しか使わないような部屋のエアコンであれば、ほとんど汚れることもありません。

エアコンクリーニングは「ニオイやカビ、汚れ具合」を確認して必要に応じて行いましょう。

そもそもエアコン汚れの正体は?

エアコン汚れのほとんどは、黒カビです!

エアコンの吹き出し口や中を覗くと、黒いものが付着していませんか?その黒い付着物が黒カビです。

エアコンを使うと黒い塊が飛んできた。なんてことがある人は、エアコン内部は黒カビだらけになっています。

エアコン内部の状態(購入後2~3年、使う頻度が多いリビング)

カビの発生条件は

  • 温度20~30℃
  • 湿度60%以上
  • 栄養源(汚れ)

と言われています。特に湿度が上がるほどカビが発生しやすくなり、冷房後のエアコン内部に発生した結露はカビの育成を助けることになってしまいます。

特に5月~10月はカビの成長しやすい条件が揃い、カビが成長。翌年の使い始めにはカビだらけになってしまうこともあるので注意が必要です。

汚れたまま使用したらどうなる?

過剰に心配する必要はありませんが、汚れたまま使用することで、起こり得るリスクもあります。

エアコン能力の低下・不具合の原因に

フィルターやフィンに汚れが溜まることで、能力の低下・電気代の増加などに繋がります。

フィルターは大事な役割をしており、目詰まりした状態で使用すると、本来綺麗なエアコンに比べて5~10%の無駄な電力を消費してしまいます。

エアコン内部に、汚れが溜まってしまうと「風が安定しない、音がうるさい、水漏れなど」不具合に繋がることもあります。

エアコンからする「イヤな臭い」の原因に

空気中の汚れはフィルターだけではなく、エアコン内部にも溜まります。

溜まるのは、目に見える汚れやカビだけではなく部屋の中の「汗・ペット・食べ物・油・タバコなど」さまざまな臭いも。

カビの臭いに加え、臭い成分がエアコン内部に付着してしまい、エアコン使用時の「イヤな臭い」がする原因になってしまいます。

健康被害のリスクも

エアコン内部に発生した「ホコリやカビ」が風と一緒に運ばれ、部屋中へまき散らしてしまう可能性があります。

ホコリやカビを吸い込むことで、アレルギー性、呼吸器系の病気を発症してしまうリスクもあるようです。

大人にはあまり影響がないのですが、赤ちゃんから小学生ぐらいのお子さんの場合、大人に比べて免疫力が低いため健康被害のリスクもあるので注意が必要です。

どんな状態になったらエアコンクリーニングが必要?

エアコンクリーニングは、必ずしも必要なことではありません。定期的に行うのではなく、エアコンの汚れ具合で判断しましょう。

確認方法

  1. フィルターを外して、フィン(熱交換器)の汚れをチェック
  2. 吹き出し口をのぞき込んで、ファンの汚れをチェック
  3. 吹き出し口周辺のカビ具合をチェック

写真はクリーニング時に分解した際のものです。

自分で確認する際は、分解した状態じゃないので写真のようにハッキリはわかりませんが、スキマからのぞき込むことで汚れは目視でチェックできます。

フィルターを外すとフィンの部分が確認できます。ホコリや汚れがつまっていないかチェック

吹き出し口の奥を覗くとファンが確認できます。ホコリや汚れがつまっていないかチェック

吹き出し口周辺のカビ具合をチャック

「内部のカビ具合・ホコリのつまり・臭いなど確認」自分が気になる状態ならエアコンクリーニング業者に頼みましょう。

自分で行う市販のスプレーなどでの掃除はおすすめしません。メーカーも注意を呼び掛けていますが、故障の原因になるためやめた方がいいです。

そもそも市販のスプレーでは汚れが奥に行くだけで、取り除くのは難しいでしょう。

参考【エアコンクリーニング】自分で市販の洗浄スプレーじゃダメ?掃除をプロに頼むメリットは?

まとめ

エアコンクリーニングは、必ず必要なわけではありません。

ただし、汚れているエアコンを使うのは心配だし、カビが部屋中に舞うのは気持ちが悪いです。

エアコンクリーニングを検討する際は「全体の汚れ具合をチェック」してエアコンクリーニングをするのか判断して下さい。

故障のリスクもあるので、内部の洗浄は自分では行わず専門業者に頼むことをおすすめします。

ビックリするくらい真っ黒な汚れが出てきて、見違えるほどキレイになるのでスッキリしますよ。

おすすめの業者はおすすめのエアコンクリーニング厳選7社を比較。口コミ・評判・業者の選び方で紹介しています。

あわせて読みたい
【2023年12月版】おすすめのエアコンクリーニング業者厳選7社を比較!口コミ・評判から選び方まで徹底解説 エアコンクリーニングをしたいけど、料金はさまざま。業者が多すぎてどこに頼めばいいかわからない。 料金が10,000円以上違う業者もあって迷いますよね。厳選した7社を...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次